FC2ブログ
東都大学リーグ3部所属
秋季リーグ戦 対 亜細亜大学(第二回戦)
2012-09-29 (土) | 編集 |
こんにちは。
3年マネージャーの佐藤です。

本日は昨日庄和球場で行われました、亜細亜大学との第二回戦の結果を報告させていただきます。


獨 協 000 000 100 1
亜細亜 100 010 74X 13


<投手ー捕手> 竹澤ー木村(6回)、知念(1回)、岩本(1回)

<スターティングメンバー>

1 光 野 遊
2 岩 本 二
3 中 野 左
4 竹 澤 捕
5 福 島 三
6 半 澤 指
7 清 水 右
8 緒 方 一
9 小野田 中


1回裏、先頭打者が中前打により出塁。2番打者の送りバントにより1死二塁。続く3番打者、投手木村の暴投により二塁走者が三塁へ。その後再び中前打を浴び1点を先制されるも4番の三ゴロでスタートを切っていた一塁走者が戻れず併殺となる0-1

5回裏、先頭打者を四球で出塁させてしまい、続く6番打者の送りバント、7番打者の左前打により1死一・三塁。8番打者の右前犠飛により1点の追加点を許すも、投手木村の力投によりこの回は失点を最小限におさえる。0-2

7回表、そろそろ点がほしい中、9番小野田が右前打で出塁。2番岩本が左前打により出塁し、今季絶好調の3番中野の右前タイムリーによりチーム初得点となる。1-2

7回裏、先頭打者が中前打、味方のエラーにより二塁へと進む。8番打者を四球で出塁させてしまい無死一・二塁。ここで、これまで好投を続けていた木村が1年生投手知念と交代する。
知念の立ち上がりは苦しいものとなり、四死球、相手打者の連打を浴び打者一巡7失点。頼もしい守備陣の活躍に助けられるも2死三塁、8番打者の打席途中で投手岩本と交代する。
その後は8番打者を四球で出塁させてしまうも、9番打者を右飛に打ち取る。1-9

8回裏、勢いに乗った相手チームに再び連打を浴び、結果4失点。1-13



最後まで諦めることなく、なんとか塁に出ようと意気込む攻撃陣でしたが、相手投手の好投により打線はふるわず、この試合はチームにとって、とても厳しいものとなりました。
しかし、亜細亜大学との試合はまだ終わったわけではありません。次こそは必ず勝って、この雪辱を果たしたいと思います。

引き続き、応援よろしくお願いいたします。


~次の試合~
10月1日 対 駒澤大学
庄和球場 第一試合

スポンサーサイト



秋季リーグ戦 対 亜細亜大学(第1回戦)
2012-09-28 (金) | 編集 |
こんにちは^^★
3年マネージャーの高木です。

9月19日に予定されておりました駒沢大学との第2回戦、9月23日・24日に予定しておりました日本体育大学との試合は悪天候の為、延期となりました。
変更された日程は以下のようになります。

10月1日 対 駒沢大学   @庄和球場
10月9日 対 日本体育大学 @庄和球場
   10日      〃     @幸手ひばりヶ丘球場

お時間があれば是非お越しください。

続きまして9月27日に行われました、亜細亜大学との第1回戦の試合結果を報告します。


亜細亜 002 100 001 4 
獨 協  001 101 101X 5

〈投手‐捕手〉三ヶ島‐竹澤

〈スターティングメンバー〉

1 (遊) 光 野
2 (二) 岩 本
3 (左) 中 野
4 (捕) 竹 澤
5 (三) 福 島 
6 (指) 半 澤
7 (右) 清 水
8 (一) 緒 方
9 (中) 小野田


台風が予想されていて前日から非常に天気が心配でしたが、雨も降ることなく無事に試合を迎えることができました。

1回表・先発の三ヶ島はヒットを許すものの上々な立ち上がりを見せる。
その裏、2番岩本の長打と相手のエラーにより、いきなりチャンスを作るが無得点。前回の試合から間隔が空いていた状態であったが、攻守ともにいい形で試合に入れた。

試合が動いたのは3回。四球を与えた後、すぐさま得点圏にランナーを進めてしまい、2番打者に長打を浴び先制点を許す。続く打者にもヒットを許し、一死一・三塁の場面でスクイズを決められ追加点。その後2死球で満塁のピンチを招くがエース・三ヶ島がここで粘りを見せ、なんとか2失点で切り抜ける。 0-2

直後の攻撃、先頭の小野田がレフト前ヒットで出塁。続く光野が初球送りバントを成功させる。二死二塁となるが、3番・中野が死球を受け、一・二塁とチャンスを広げる。ここで4番・主将竹澤が打席に入る。2ボール1ストライクからの4球目、二塁ランナーの小野田が三盗を仕掛ける。これが相手捕手の暴投を誘い、1点を還す。 1-2

4回表・簡単に二死を取るが、エラーで出塁させた走者を連打で還されてしまう。 1-3
その裏、先頭の福島が内野安打で出塁すると、続く半澤が送りバント。これを相手捕手が判断を誤りオールセーフ。続く清水も送りバントをするが、相手投手の悪送球により無死満塁。絶好のチャンスを作るが9番・小野田の死球による押し出しの1点だけで終わってしまう。 2-3

5回以降、三ヶ島はヒットで得点圏にランナーを背負うものの、8回まで無失点に抑える。

6回裏・ここ数試合不調だった緒方が左中間を破る2ベースヒットでチャンスメイク。二死二塁の場面で1番・光野がセンター前に同点となるヒットを放つ。続く岩本は凡退したものの、終盤にはいる前に追い付けたのはとても大きかった。 3-3

7回裏・先頭の中野が初球を捉え、ヒットで出塁。続く竹澤は初球で送りバントを成功させ一死二塁。続く福島は右方向にゴロを打ち最低限の仕事をするが、相手二塁手の好判断により、2塁ランナーが刺され二死一塁。6番・半澤が打席に入った初球、福島が二盗を決め一打逆転の場面を作る。追い込まれていた半澤はこれまで苦しめられていた外のスライダーを見事はじき返し、二塁から一気に福島が生還。ついに逆転。 4-3

1点リードの9回表。この時点で130球と力投していたエース・三ヶ島だが、最終回につかまる。一死後から3.4.5番に連打を浴び一死満塁。なんとか次の打者を打ち取るが、続く打者に三塁強襲ヒットを浴び追加点を許してしまう。後続を打ち取ったが最後の最後で追いつかれてしまい春季リーグの悪夢が脳裏によぎる。 4-3

この空気を打ち払ってくれたのは、今日スタメンを外れ途中からライトの守備に入っていた2年生・宮田だった。
9回裏・先頭の竹澤がヒットで出塁し、続く福島が送りバントを決める。次の半澤は凡退するもランナーは3塁に進み、ここで7番・守備から途中出場の宮田が打席に入る。
開幕からスタメンだった宮田だが打撃不振により、この日はベンチスタート。2ストライクと簡単に追い込まれてしまうが、なんとかくらいついて打った打球はライト線に落ち、半澤は生還。劇的なサヨナラ勝ちとなった。 5-4

初球バントが攻撃の流れを作っていた印象があります。また、今回の試合は相手のミスに助けられる場面が多かったと思います。亜細亜大学には春季リーグから通して今回が初勝利となりましたが、これに驕ることなく、小さなミスを改善できるように練習を重ねていきたいところです。
私事ではありますが、当番校ということで今シーズンはほとんど本部席にいたため、今回の試合が初のベンチとなりました。本部席では感じられない緊張感や喜びを感じることができ、改めて野球の楽しさを感じました^^★
また、OBの前島様が応援に駆けつけてくださり、勝利のお祝い金もいただきました。部費として有効活用させていただきます。
本当にありがとうございました^^

本日の試合結果の詳細は明日更新しますので、少々お待ちください。


秋季リーグ戦 対 駒澤大学(第一回戦)
2012-09-18 (火) | 編集 |
こんばんは!1年マネージャーの大岡です。
本日9月18日、庄和球場にて行われました駒澤大学との第一戦目の試合結果の報告をさせて頂きます。

獨協 000 000 000 0
駒澤 000 000 20X 2

<投手-捕手> 三ヶ島-竹澤

<スターティングメンバー>
1 光野 遊
2 岩本 二
3 半澤 指 
4 緒方 一
5 中野 左
6 福島 三
7 竹澤 捕
8 宮田 右
9 小野田 中


試合は両チームとも毎回のようにランナーを出しつつも、両投手の好投、そして両チームの好守備により6回まで無得点で終える。


試合が動いたのは7回裏、駒澤大学先頭の6番打者に内野安打で出塁されるが、続く7番、8番打者をフライで打ち取り2アウト1塁。このまま3アウト目を取りたいところでしたが、続く9番、1番打者に連続タイムリーツーベースを浴び2点を先制される。0-2

力投を見せる三ヶ島を何とか打線で援護したいところでしたが、その後1人も走者を出すことが出来ず、8回から両チーム無得点のまま試合終了。
全体的に淡白な試合となり、もう1本が出るかどうかが勝負の明暗を大きく分ける結果となりました。


攻撃ではほぼ毎回安打で出塁しており、特に先頭打者の出塁率は高かったですが、それに続くことが出来ず、細かいミスもあり悔しい結果となってしまいました。しかしながら守備では5、6回のダブルプレーのように落ち着いたプレーを見せ、失策が0という獨協らしい固い守備を見せることが出来ました。

各部員これからの課題が見つかったとともに、日々の練習の積み重ねの成果を出すことが出来た試合となったのではないでしょうか。また試合中ベンチの雰囲気もとても良く、ベンチにいる全員が最後の最後まで諦めず点を取ってやろうという攻めの姿勢で戦っていたと思います。

明日は駒澤大学との第2戦目です。リーグ戦はまだまだこれからです!
連戦となりますが本日の試合での反省を生かしつつ、気持ちを切り替えて全力で挑みましょう!!

~明日の試合~ 
新座市営球場 第1試合
対 駒澤大学(第2回戦)

応援よろしくお願い致します。


秋季リーグ戦 対 東洋大学(第二回戦)
2012-09-12 (水) | 編集 |

こんにちは!2年マネージャーの菅井です。
先日から続き2連戦となりました、東洋大学との試合の結果を報告させていただきます。


 獨協大学 スターティングメンバー

  1 遊 光野

  2 二 岩本

  3 指 半澤

  4 一 緒方

  5 左 中野

  6 三 福島

  7 捕 竹澤

  8 右 宮田

  9 中 小野田

  〈投手-捕手〉 三ヶ島-竹澤

 
 試合は、先攻の東洋大学に毎イニング安打を打たれるも、先発三ヶ島、落ち着いたピッチングで後続を断ち、安定の立ち上がりを見せる。

 一方獨協大学の攻撃、4回まで無安打という淡白な攻撃で、なかなか得点につなげることができず。4回の攻撃、三番からの好打順で半澤内野安打により出塁、つづく緒方が犠打で送り、5番中野のタイムリーツーベースヒットでこの回先制点を奪い、流れを一気に引き寄せる。

 7回の攻撃では、1番光野がヒットで出塁すると、我がチーム自慢のクリーンナップの打撃がまたも冴え渡る!3番半澤が左中間を破るタームリーツーベース、4番緒方、5番中野の立て続けのヒットにより一気に2点を追加。
 
 打線に援護された三ヶ島、この試合を完投し最後まで東洋大学に得点を許さず。獨協大学3-0で東洋大学に勝利し、前戦の雪辱をはらす。



 本日はOBの方々をはじめ、4年生の先輩方も球場まで応援にいらしてくださり、スポーツドリンクの差し入れをいただきました。このようなたくさんの方々の応援が選手の力になっており、勝利につながっているのだと思います。同時に自分達の成長した姿、そして何より、応援してくださる皆様に勝ち試合をお見せすることができるよう、これからも選手、マネージャー一丸となって頑張って行きたいと思います!皆様の応援、ご支援に感謝し、これからも精進して参りますので、変わらぬ応援よろしくお願いいたします。


~次の試合の予定~

9月18日(火) 庄和球場

第2試合 対 駒澤大学

【重要】落し物の連絡
2012-09-11 (火) | 編集 |

三年マネージャーの高木です。
昨日または本日、試合に来てくださったOBの方、父兄の方で観戦席の下に5000円札を落とした方はいらっしゃいませんでしょうか。
本日の試合後の清掃中に発見しました。
お心当たりのある方はメールフォームよりご連絡ください。


秋季リーグ 対 東洋大学(第一回戦)
2012-09-10 (月) | 編集 |
こんにちは。
三年マネージャー佐藤です。

本日は獨協大学グラウンドにおきまして、東洋大学との第一回戦が行われましたので、その結果をご報告させていただきます。


獨 協 000 300 001 4
東 洋 001 002 101 5



<投手―捕手> 木村(5回)、知念(4回)-小野寺

<スターティングメンバー>

1 光 野 遊
2 岩 本 二
3 中 村 指
4 緒 方 一
5 中 野 左
6 福 島 三
7 小野寺 捕
8 宮 田 右
9 小野田 中


3回裏、1番打者が死球で出塁、四球により続く2番打者にもさらに出塁を許し、4番打者を再び死球で出塁させ、満塁のピンチを迎える。
5番打者の中前犠飛により相手に1点を先制されてしまうが、その後は木村の気迫のピッチングにより、失点を1点と最小限におさえる。 0-1

4回表、先頭の4番打者緒方が死球で出塁、5番中野が内野安打で出塁、6番福島が相手投手のエラーにより無死満塁のチャンス。
8番宮田が右前打を放ち1点を還し、1番光野の中前打により2点追加。 3-1

6回裏、選手交代により、投手が木村から知念に代わる。
このまま流れをこちらに引き寄せようとするが、先頭打者を四球で出塁させてしまい、続く5番打者に二塁打を浴び1点を還され、6、7番打者の内野安打、右前犠飛のよりさらに1点の追加を許し同点となる。 3-3

7回裏、相手打者の安打が続き、1点を許すも、知念の力投により失点を1におさえる。 3-4

9回表、チャンスをなかなか活かせず、思うように点がとれない中むかえた最終回。
先頭2番打者岩本が内野安打で一塁、さらに相手のエラーにより二塁まで進む。
7回表に代打で入った半澤がそのまま3番に入り、四球で出塁、4番緒方の送りバントにより一死二・三塁のチャンス。
ここで5番中野の中前犠飛により1点を還し再び同点となる。 4-4

9回裏、なんとか同点を守り抜き延長へと進みたい中、味方のエラーが続き、結果相手に1点を許す。 4-5



本日の試合は両チーム大変競った試合で、一つ一つのチャンスをいかにものにし、得点に結びつけるかが重要だったと思います。
最後の最後で1点をとられてしまい、本当に悔しい結果となりました。
しかし東洋大学との試合はまだ明日もあるので、今回の結果を引きずらず、また新しい気持ちで次の試合に臨みたいと思います。

また、本日はお忙しい中OBの細谷様が応援に駆けつけてくださり、激励のお言葉をいただきました。
OBの皆様のご期待に添えるよう、明日の試合も頑張りたいと思います。


~明日の試合~
対 東洋大学(第二回戦)
獨協大学グラウンド
第一試合
お詫び
2012-09-09 (日) | 編集 |
先日9/7の試合に応援にいらしてくださったOBの方の名前表記を誤って片柳様としてしまいました。
正しくは片寄様でした。
大変失礼致しました。申し訳ありません。

秋季リーグ 対 青山学院大学(第二回戦)
2012-09-09 (日) | 編集 |
こんばんは!!
2年マネージャーの宮崎です。
ブログの更新が遅れてしまい大変申し訳ありませんでした。

さて、前日の6日と変わらず9月とは思えない残暑の中、昨日9月7日に新座球場にて行われました青山学院大学との第二回戦の結果報告をさせていただきます。

青山学院 002 000 000 2
獨   協 200 000 50× 7

<投手-捕手> 三ヶ島-竹澤

<スターティングメンバー>
1 光野 遊
2 岩本 二
3 中村 指
4 緒方 一
5 中野 左
6 福島 三
7 竹澤 捕
8 宮田 右
9 小野田 中

~試合経過~
1回裏 先頭打者の光野が四球を選び、続く2番岩本が左前一塁打を放ち無死一・二塁。
     その後 投手の暴投などにより一死満塁となり5番中野へつなぐ。
     ここで中野が中前打を放ち1・2番打者が生還し獨協大学先制。0-2 
 
3回表 1番打者に右前打を浴び、続く2番打者、3番打者にも塁を埋められ一死満塁に追い込まれる。
    続く4番打者に右前二塁打を浴び1・2番打者が生還し試合を振り出しに戻される。2-2

その後は両校なかなか点につなげることができずに7回まで0が並ぶ試合運び。2-2

7回裏 先頭打者9番小野田が内野安打で出塁し無死一塁。
    続く打者1番光野がバントを試みるも相手の好守に阻まれ一死一塁。
    2番岩本が本日2本目となる右前一塁打を放ち、一死一・二塁。
    3番中村は死球を選び一死満塁。
    そして4番緒方が左中間を割る二塁打を放ち、1番光野が生還。
    2番岩本も本塁を目指すも相手の好守に阻まれ、二死二・三塁。
    ここで5番中野は7回途中から変わった相手ピッチャーから左方向への3点本塁打をもぎ取る!!!!
    さらに6番福島の右方向への三塁打、7番竹澤の右前一塁打により追加点を重ねリードを広げる。2-7

その後は初回から投げ続け投球数も100球を超えた三ヶ島の力投と、持ち前のチームワークで相手チームに追加点を許さず試合終了。2-7

~考察~
今回の試合では細かいところで小さなミスがありましたが、そこでベンチ全体が沈みこまずに常に明るい雰囲気で試合に臨めていたのでとてもよかったと思います。
しかしながら、まだまだベンチワークなどに課題が見つかる試合ともなりました。
これからの試合では個人個人がしっかりと課題と向き合って改善に導いていけたらいいなと思いました。

また、今回の試合で青山学院大学に2勝することができたため、勝ち点1を得ることができました☆!
しかし、まだまだリーグは始まったばかりなので1戦1戦気を引き締めて確実に勝っていきましょう!!!!

次の試合は9月10・11日に越谷にあるせんげん台グランドにて行われる東洋大学との試合です。
連戦が続きますが体の疲れをしっかりと取って試合に臨みましょう!!!
部員さんの中には怪我をされている方もいると思うので休みの間にケアをして充分な休養を取ってください^^!

本日はお忙しい中、OBの片柳様から差し入れをいただきました!
ありがとうございました。
今後も選手・マネージャー 一丸となって活動していきますので、これからも応援よろしくお願い致します!!!

☆次の試合日程☆
9/10
第二試合
せんげん台グランド
対 東洋大学
*お時間のある方は、是非応援にいらしてください^^!
秋季リーグ 対 青山学院(第一回戦)
2012-09-06 (木) | 編集 |
こんにちは!2年マネージャーの菅井です。

朝晩の肌寒さから秋の始まりを感じつつも、日中はまだまだ残暑の厳しさが残る今日、
チームの開幕戦、青山学院大学との試合が行われました。
先月行われた栃木での合宿の成果を試すと同時に、
3年生にとってはラストシーズンの始まりとなる本日の試合、
選手達にとって思うことの多い試合となったのではないでしょうか。


獨協大学 スターティングラインナップ


  1 遊 光野

  2 二 岩本

  3 指 田村

  4 三 緒方

  5 左 中野

  6 三 福島

  7 捕 竹澤

  8 右 宮田

  9 中 小野田


   投手-捕手  半藤(2回1/3)、知念(7回2/3)-竹澤


   獨協  000 250 010  8

   青学  011 110 000  4


 開始序盤3回まで淡白な試合が続き、なかなか得点につなげることがことができず。守っては、先発半藤の制球が定まらず、四球と暴投が目立ち、2回に先制点を許す。3回、青山学院大学ペースの試合の流れを変えるべく、この試合が初登板、1年生ピッチャー、サウスポーの知念が登板。1点を追加されるもこの回最小失点に抑える。

 流れを変えたい4回の攻撃、先頭打者の緒方が相手のエラーで出塁、続く5番中野のセンターへのツーベースヒットにより1点を奪還。6番福島の内野安打と相手のエラーでさらに1点を追加。この裏、相手に1点を返されるも、流れを渡さず5回の攻撃、安打と四死球でランナーをため、迎えた2死満塁、打者は9番小野田。初球をライト線いっぱいに描くアーチで走者一掃。続く光野も同じくライト方向へのタイムリーツーベース。この回5点を勝ち取り、相手校を大きく引き離す。

 その後は両校ともにヒットがつながらず、終わってみれば8-4という大差での獨協の勝利。


 今日は秋季リーグ初戦ということで、選手の動きがかたかったせいか、試合中、もっと楽しもう!とういう言葉が出ていました。合宿で新しく取り入れたトリックプレーなどの完成度や、個々やチームとしての弱点や課題が明確になった試合だったのではないでしょうか。この荒削りの状態から細かい調整を重ね、2部優勝、1部昇格という目標に向かい、その完成度と確実性を高めることが必要です。

秋季リーグはまだはじまったばかりです。これから続く連戦に向けて、体のケアをしっかりとしてくださいね。
選手の皆さん今日はお疲れ様でした。しっかり休んで明日も頑張りましょう!

また、本日は獨協大学職員の大野様が試合を見に球場まで足を運んでくださいました。そして差し入れにスポーツドリンクとブロックアイスをいただきました。ありがとうございました。


◎次の試合の予定◎

9月7日(金) 新座市営球場 第二試合 対 青山学院大学

応援よろしくお願いいたします。
  
明日から。
2012-09-05 (水) | 編集 |
こんにちは^^
3年マネージャーの高木です。

栃木県矢板市で行われました合宿も無事終わりました。
天候も変わりやすいところということもあり、天気がとても心配でしたが、無事に5日間とも見事な快晴で、かつ澄んだ空気の中、非常に恵まれた環境の下で練習ができました。

そして明日、新座市総合公園野球場にて本学の秋季リーグ戦・初戦が行われます。
相手は青山学院大学です。
合宿での実践練習が活かせるよう、一人ひとりが自分の役割を自覚して動いていけたらな、と思います。
春季リーグで果たせなかった2部優勝を目指して!まずは初戦で勝利を!